後見ソフトは後見人のために生まれた後見事務専用のソフトウェアです

★初期登録は一つのシートに入力するだけ★

後見人となった事件について、被後見人の氏名や管理すべき財産、収支の見込みなどをひとつのシートに入力するだけで初期登録は完了です。


★毎日の収支の記載もとてもカンタン★

下の写真は後見人が管理する現金の出納帳のサンプルです。日付と金額を入力して、何に使ったのか(科目と摘要)を選ぶだけ。よく使う科目や摘要は、自由にカスタマイズできます。また預金出納帳とも連動しており、預金の預入や引出もボタン操作でカンタンにできます


一般的な会計ソフトにない独自のノウハウがいっぱい

本ソフトの一番の特長は、家計簿(単式簿記)とも企業会計(複式簿記)とも異なる独自の「後見簿記」システムを採用したことです。この新しいシステムにより、企業会計のように正しく財産状態を把握でき、かつ家計簿のように日々の収支の記載は簡明で直感的に入力できます。

実際に長年後見業務をおこなってきた者が直接開発にあたり、会員サポートにあたっています。

一般的な会計ソフトにはない後見人のニーズから生まれた後見事務専用のソフトです。また、後見実務の特殊性を踏まえたサポートを受けることができます

後見ソフトの利用をお考えの方

まずは体験版をお試しください。
体験版は、無料でダウンロードできます。また有料ですがCD-ROMでもお届けすることができます。

体験版を入手するためには、こちらをクリックしてください。ダウンロードページに移動します。

本格的にご使用いただくために
体験版には、利用できる期間や後見人等となるべき利用者の氏名を入力できないなどの制限があります。本格的にご使用いただくには、ライセンスキーをご購入ください。ライセンスキーは1年ごとの更新が必要です。

詳細は、こちらをご覧ください。





Page Top



この改行は必要→