新規事件の最初の登録
本登録前の暫定保存の方法

新規事件の登録作業途中で、その状態を保存して中断する方法です。

(重要 本登録前には、LAN環境のもとでデータの共有利用は出来ません。必ず特定の1台のパソコン(親パソコン)ですべての処理をおこなってください)


1 必要事項  「大区分名」が入力されていることが必要です。

それ以外の事項は記載が無くても暫定保存できます。記載しても、作業再開後修正出来ます。

2 「暫定の保存して終了」ボタンをクリック すると 現在の状況を自動的に保存して画面が終了します。

  スタート画面に戻り、事件一覧にも表示されません。

  再開するには、次の方法により暫定保存先からの呼出し作業をおこないます。

  なお、暫定保存先の指定は出来ません。


暫定保存したデータの呼出
1)再開するときは、スタート画面から「新規事件の最初の登録」ボタンをクリックして新規作成シートを開き、「暫定の呼出し」ボタンをクリックします。
2)下記小窓が表示されるので、「大区分名」で付けた名前を捜し、そのファイルをダブルクリックしてひらきます。

本登録済の暫定保存データも残され、ここに表示されます。じゃまになるようなら、当該データの名前をクリックして選択し、キーボードのデリートボタン押せば、削除出来ます。