メニューへの登録(手動)

被後見人のデータを新規に作成した場合、年度更新した場合は自動的にメニュー登録されます.

パソコンを買い替えた場合等、手動でメニューに登録する場合は次の手順でおこないます。


管理名 等何もない、空白の行にある    をクリックします。

[「マイドキュメントの中の「★後見台帳」の中が表示されます。

該当する被後見人をダブルクリックし、表示された小区分(下記例では07)フォルダーをのダブルクリックし、その内の「「商太郎.mdb」を選択してダブルクリック(又は「開く」ボタンをクリック)してください。

(被後見人のデータを別の場所にデータを置いている方は、その場所を指定する必要があります)

これで、メニューに登録されます。


「使用環境の変更作業」

当該被後見人のデータの帳簿を開いた際、環境設定を求める画面が表示されたら、環境設定をおこないます。環境設定の方法は マニュアル 「060 その他管理期間等の使用環境の変更」

をご覧ください。