メニューの登録内容の変更

被後見人のデータを別の場所に移動等する場合に、メニューの登録内容の変更が必要になります。

注意)このソフトのデータの管理方法を熟知している方以外はデータの移動は行わず、初期値のままご使用ください。

初期値として被後見人のデータは 「マイドキュメント」の中の「★後見台帳」の中におかれています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

被後見人のデータを別の場所に移動等する場合は、

1) メニューの登録を変更する

2) 移動した被後見人の環境変更

をする必要があります。


変更したい 被後見人の場所にある    をクリックします。

被後見人のデータを新しく移動した先の当該フォルダーを指定し、その中にある該当者の大区分フォルダー、小区分フォルダーをダブルクリックし、小区分フォルダー内の「「商太郎.mdb」をダブルクリックしてください。
任意の場所に置いたデータが、メニューに登録されます。

「使用環境の変更作業」

メニューに新しい場所を登録したのち、

スタート画面から「選択事件の帳簿へ」をクリックして当該被後見人のデータの帳簿を開き、環境設定をしなおします。

修正方法は マニュアル 「060 その他管理期間等の使用環境の変更」

をご覧ください。

注意)従前のデータが従前の場所に残っていた時などに、この作業をおこなわないと、メニュー登録にかかわらず、移動場所のデータを管理できません。

必ず、使用環境の変更作業はしてください。