入金処理
科目と摘要について
勘定科目・摘要入力の仕方
勘定科目と摘要を関連づける方法
1 勘定科目・摘要入力の仕方

本ソフトには後見業務に必要と思われる科目と摘要はあらかじめ用意されています。

しかし、用意された科目や摘要以外のものを使用する必要もあります。

そこで、以下では、

  (1)本ソフトにあらかじめ用意された科目・摘要を使用する場合と、

  (2)任意の科目を選択したのち、摘要を自由入力する場合

の2つにわけて解説します。

(科目自体を追加する場合は、「カスタマイズ」のコーナーでふれます。)

(1)場合(2)場合、どちらの場合も、下図 小窓を利用して転記します。

                     この小窓の出し方は こちら

1のエリア 科目の大分類ごとに科目を表示させ、摘要を選ぶためのボタン群エリア
2のエリア 科目のみ転記する場合や、タグに表示された内容の作業を行うエリア
3のエリア 摘要を元に、科目摘要を画面に


 (1)本ソフトにあらかじめ用意された科目・摘要を使用する場合
a)  最初に表示された小窓に 該当する 「科目・摘要」がある場合

             (「ひんぱん」に使用するに登録されているもの)

頻繁に使うもの、時々使うものに登録したい。
該当する行をダブルクリックすると、転記完了です。
b) 時々利用する「科目・摘要」を転記したい場合

(「月に一度」に使用するに登録されているもの)

3のエリアを使用

「月に一度」ボタンをクリックし、表示内容を切り替えて、該当する行をダブルクリックすると転記完了です。


c) 登録済全てを表示させて選びたい場合
3のエリアを使用

「全摘要」ボタンをクリックし、表示内容を切り替えて、該当する行をダブルクリックすると転記完了です。


d) 摘要の名前から選びたい場合
3のエリアを使用

「黄色のセル」に捜す摘要名を入れて「OK」ボタンをクリックし、該当する行をダブルクリックすると転記完了です。


e) 範囲を狭めながら捜したい
1のエリアを使用
その科目が 費用なのか収益なのか資産なのか・・・等 科目の性格によって範囲を狭めます。具体的な方法は次のとおりにおこないます。
【重要事項】
上記 2 の操作により 現れるボタンのうち取扱に注意を要するボタン
原則、使用しないボタン→
繰越現金
繰越預金
預金


(2)任意の科目を選択したのち、摘要を自由入力する場

2 科目と摘要を関連づける方法
追加したい科目・摘要の行をクリック
「摘要追加」ボタンをクリック
登録用の小窓が表示されます。
その使用頻度をチェックします。
追加をクリック
科目と摘要が登録されました。