目  次

会員の頁へ戻る

よくある質問を見る
戻る
旧製品をお使いの方へ
000 主な変更点について
旧データの引継ぎ
基本操作ガイド
導入
010 会計処理の考え方
最初の導入時
インストール

アンインストール

導入直後のライセンスキーの登録
ソフトの起動
2回目以降の再登録
ライセンスキーの再登録
スタート
015 データの管理スタイル
020 スタート画面の説明
021

新規事件の最初の登録
新規作成シートについて
任意の場所に新規作成
作成済み会計データの利用
1)被後見人の登録(事例)
2)財産の登録(事例)
3)収支の登録(事例)
内容の確定と本登録
本登録前の暫定登録(本登録の中断)・呼出
本登録前の現金の動き等の暫定管理
財産管理に関する業務
030 各種帳簿の画面
現金出納帳
預金出納帳
資産変動帳
031

入出金処理
現金出納帳の開き方
預金出納帳の開き方
入出金の仕方(共通)
科目と摘要について
入出金処理(事例集)
032 振替処理
現金・預金間の振替
預金間の振替
現金間(小口現金)の振替
033 出納帳に記載出来ない変動処理
資産変動帳の開き方
資産変動の記載方法
034 その他
データの削除
データの印刷
データの並びかえ
バックアップ
バックアップ先からの復元
一括バックアップ
会計データ初期値変更
身上配慮に関する業務
040 資産変動帳(簡易日誌)を利用する
資産変動帳の開き方
出来事の記載方法
041 関連文書の管理

(業務日誌・報酬付与申立書等)

関連文書の開き方
後見の事務管理業務★新機能
045 導入
できること
最初にすること
データ管理場所の変更
基本画面の説明
046 管理簿を利用する
被後見人の備忘帳
その他の備忘帳
047 報酬付与申立を利用する
申立書の自動作成
048 LS用報告書の作成
LS用の報告書と財産目録
もう一つのLS用遂行報告書
049 受領報酬管理簿
受領報酬管理簿

(定率会費報告機能付き)

裁判所への報告と年度更新
050 前段処理
報告書作成の前のチェック事項・検証が合わない場合の探し方
051 報告書作成
報告期間の決定と集計
必要な画面の開き方
集計から財産目録作成まで
その他報告書作成画面
052 検証が合わない
会計報告書作成時に合わない
財産目録作成時に合わない
異常値の特定の仕方
054 印字等
財産目録の印字
その他報告書の印刷
各種報告作業とそのポイント
055 年度更新
年度更新
過年度データの削除
056 確定した財産目録、業務報告書の保存とその呼出
財産目録、報告書の保存
財産目録、報告書の呼出
変更・修正・追加
060
最初に登録した内容の変更

現金預金(定期は除く)の修正

現金預金以外の財産(定期預金等)の修正
純資産額の変更
収支の見込み変更

その他管理期間等の使用環境の変更

061
新たに発見した財産の処理

現金の発見

預金(定期は除く)の発見
それ以外の財産(定期預金等)の発見
062
事件一覧メニューの変更

被後見人の並び替え

メニューからの削除
メニューの登録内容の変更
メニューへの登録(手動)
063
帳簿の追加・削除

現金出納帳(小口現金)追加

(名前の変更・削除)

預金出納帳(追加)

(名前の変更)(削除)
現金預金以外(定期預金等)

の資産(追加)

カスタマイズ
070

科目の追加と摘要の関連づけ

071
管理期間を1年間以上に
安心サポート
080 安心データサポートについて
安心データサポートの受け方
その他
900 オプション
バージョンの確認
パスワードの設定
データの強制更新
ライセンスキーの申込み
その他
901

パソコンを買い替えた場合

902 別形式でデータを保存