検証が合わない
事前チェックでは問題が無かったのに検証が合わない場合・・・

異常値の特定の仕方
合わない額 合わない時期を知って 何が原因なのか特定しましょう。
1 合わない額の特定方法
集計して検証します。

【注目1】(収支差額)の残高(借方・貸方)〔黄色で表示〕差額を確認します。

      その差額が1000円であることがわかります。

【注目2】(BS+PLチェック)の発生(借方・貸方)〔青色で表示〕差額を確認します。

      その差額が1000円であることがわかります。

検証が合わない額が1000円であると特定します。

2 合わない時期の特定方法

期の始めの集計で、検証があっていることを確認します。 (3−1 でチェックして5でクリック)

次に任意の期間での検証を繰り返し、検証が合わなくなった時期を特定します。(3−2でチェックし、4で任意の期間を入れて、5でクリック)