受領報酬の管理
この機能の目的と開始場所

●目的1 被後見人ごとに、受領報酬額を管理します。被後見人ごとに一覧が表示されます。

●目的2 LS会員の方は、受領報酬額によって定率会費を納入する必要があります。納入すべき額を自動計算し、納付報告書を作成します。

−−−−−

●スタートボタン

 スタート画面の「被後見人管理」ボタンから始めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

下記画面が表示されます

●青で囲ん箇所の説明

 A→ 定率会費、消費税の率 必要に応じて変更出来ます。

     定率会費は、LS会員に必要な機能です。その他の方は「0」としておきましよう。

 B→ Ls会員用のボタンです。業務報告書一覧表には記載させないものをチェックします。

提出予定の業務報告書一覧表と定率会費報告書を兼用して作成出来ます。その際、被後見人死亡等の理由で業務報告書一覧表には記載させないものがあるときは、「業務報告要否変更モード」をクリックし、不要申告 の□にチェックを入れておきます。 

●受領報酬一覧の作成手順(赤で囲んだ箇所)

1 該当する被後見人をクリックします。

2 日付け・受領額を記入・消費税外税方式の場合は□にチェック

3 登録ボタンをクリック

緑でその内容が表示されます。

−−−−

報酬一覧を表示させたい場合は、

左窓の 被後見人の名前をクリックすると、そのものの登録済み 一覧表が表示されます。

−−−−

4 「会費報告」 ボタンをクリックします(LS会員のみ)

●青で囲んだ C の説明 定率会費を納付した場合に、このボタンをクリックし、その状態を変更できます。但し、会費報告をすると、自動的に「納付済」にチェックが入りますので、通常は使用しません。

−−−−−−−−−−

1 をクリックして 報告書を表示します。

 「定率会費 納付報告書 表示する」  ボタン の場合

  → 未納付の定率会費一覧報告書が作成できます。(下記画面の状態)

 「取扱事件報告書 表示する」   ボタン の場合

  → 未納付の定率会費一覧報告書兼 業務報告書一覧表 が作成できます。

    この場合、「業務報告要否変更モード」で、不申告としていないもの全てが表示されます。

2 をクリックして印刷します。

3 をクリックして、報告した定率会費を「納付済み」にします。

●青で囲んだ部分 表示内容を後日のために保存し、保存報告書を呼び出すときに使用します。