年度更新
上記のようにすすみ、完了すると、最初の事件フォルダー選択画面に戻る。そこには更新後の、子区分の名前が自動登録される。 その新年度用の子区分を選択して、新年度業務をおこなう。なお、純資産を含め、前年度の内容は承継されているので、再設定は不要です。