報告書作成
後見人になって最初に、あるいは1年ごとに裁判所に報告をする必要があります。このソフトは、管理期間を1年間とし、1年ごとに期末処理をして年度更新をする必要があります。その際、併せて、裁判所提出ようの業務報告書も作成します。

また、期の途中でも、被後見人の財産状況を把握して判断すべきことが生じます。

このソフトでは、期の最初・期中・期末のいつでも財産状況を集計できます。

報告期間の決定と集計(いろいろな集計期間)