旧製品からの引継ぎ
リーガルサポートの皆様へ
旧後見ソフトで作成したデータを本ソフトに引き継ぐための手順を紹介します。引継ぎ自体はソフトで自動的に行いますが、下記の手順5の事件名や会計の表示の入力は利用者が行って下さい。操作は以下の2ステップです。

データの取込画面を開いて、旧後見ソフトのデータを本ソフトに取り込む

取り込んだデータを本ソフト用に更新する
注意 次の方法は、初期設定の場所にデータを置いて使用していたユーザーが対象です。任意の場所データを置いていた方はこちら
終了すると最初の画面に戻ります。さあ、実際の業務をはじめましょう!
スタートボタンから開始です。

今度は、通常の開始方法です。・・・「後見管理」クリックしてください。