データサポートの受け方

★注意★安心サポートを受ける場合は、「V6.8f」(2009年5月バージョンアップ)以降のバージョンのソフトでおこなってください。

【事前準備】  安心データサポート用の新規事件 をあらかじめ作成して用意しておきます。

【手順1】    問題のある事件のデータを開き、送信します。

【手順2】    修正されたデータを受信します。

【手順3】    あらかじめ作成したサポート用新規事件を開き、修正内容を確認します。

【手順4】    問題のある事件のデータを開き、サポート済みデータに置き換えます。

なお、軽微な修正でなおる場合や、修正内容がそのまま採用出来ないが、それを元に自力で修正出来る場合は、この置換作業ではなく、直接データを修正して回復始業をおこなってください。


★上記手順の具体的方法

【事前準備】 安心データサポート用の新規事件の作成

(はじめてサポートを受けるときのみの作業)

新規事件作成と同様、新規作成シートを開きます。

開かれたシートの左下に注目してください。安心データサポート会員になると、[★サポート用ファイル作成]ボタンが表示されます。

1)このボタンをクリックします。

2)各項目に自動的に入力され、確認小窓が表示されたら、[OK]をクリックします。

自動的に入力された内容はダミーであり、こだわる必要はありません。


3)自動的に、メニューに [★Support][Tnp]の事件簿が登録されます。

これを選択し、[選択事件の帳簿へ]をクリックすると、弊社がメンテナンスをして、修正した内容を見ることができます。このデータを元に、問題点等を確認し、ご自身のデータを修正して頂きます。

以上で前段準備が完了です。

2回目以降も、 この[★Support]利用して行います。従って一度に複数被後見人のサポートを受けることはできません。

【手順1】送信する。
処理に行き詰まった事件(トラブル事件の帳簿)を開きます。

1 「メンテナンス」クリック  2「ファイル管理」クリック  

3 ではボタン群の中の をクリックします。

表示された画面から 1 [送信]  2 [OK] 3 [閉じる] をクリックして、送信完了です。


★注意★安心サポートを受ける場合は、「V6.8f」(2009年5月バージョンアップ)以降のバージョンのソフトでおこなってください。

★注意★2009年4月以前に安心サポートでデータ送信をした方は、下記作業で設定を変更してからおこなってください。

1 「ファイル」をクリックすると「設定」が表示されます。

2「設定」をクリックしてください。

表示された画面から

「2009設定」をクリックしてください。

以上で再設定は終了です。
弊社宛のメールが自動的に立ち上がりますので、データサポートを受けたい旨 疑問点等を記載の上弊社宛送信してください。これで終了です。


【手順2】 受信する
弊社から、メンテナンス終了の旨がEmailにて送信されます。

その後、トラブル事件の帳簿を開いて、

1 「メンテナンス」 、2「ファイル管理」と各ボタンをクリック、

最後に3のボタン群の中のをクリックします。

すると次の画面が立ち上がりますので、順次クリックします。(インターネットの環境によっては時間がかかります)

★受信したデータは、あらかじめ作成した「安心データサポート用の事件簿」[★Support][Tnp]を書換えます。当該トラブル事件のデータを書き換えることはありません。

(このことから、同時に複数の後見管理データのデータサポートを受けることは出来ません。)


【手順3】 修正内容の確認
前段準備で用意した[★Support][Tnp]の事件簿を開いて見ます。

Eメールで指摘された内容をもとに、具体的な問題点をここで確認し、不明な点は再度Eメールで質問します。

【手順4】  置換

[★Support][Tnp]の事件簿をの内容が正しいことが確認できたら、トラブルが起きているデータを置き換えます。

トラブル事件の帳簿を開きます。

1 「メンテナンス」 ボタンをクリック

2 「ファイル管理」 ボタンをクリック、

3−1 (重要)

表示された画面 右上にある 「現在編集中データをBAKUPする」ボタンをクリックしてバックアップする。

3−2 

表示されている画面 3のボタン群の中のをクリックします。

(重要) 注意文書画面が表示されます。「次へ」ボタンをクリックするとそのまま復元が始まります。

バックアップ未了の場合は、一度キャンセルしてバックアップをとってからおこなってください。

4 最後に 環境設定画面になりますので、被後見人の名前が正しくなっているか確認して環境設定を完成させてください。

★対象者名が「Support」となっている理由

メンテナンスをおこなう場合

お預かりするデータを弊社が確認するとき、対象者の名は「Support」と置き換えられます。弊社にはどなたのデータか判りませんので、対象者の名を「Support」のまま修正後のデータとして送信させて頂いております。お手数ですが、再度、対象者の名前をご登録ください。