ソフトのご購入に関する質問
後見ソフトはWindows7でも動作しますか?
後見ソフトはWindows7対応です。対応OSは以下のとおりです。
併せてこちらもご覧ください。
OSの区別 対応の可否(対応=○・非対応=×)
Windows Windows 95 ×
Windows 98 ×
Windows Me ×
Windows 2000 △(SP2以降)
Windows XP
Windows Vista
Windows 7
Macintosh ×

Q.後見ソフトの体験版は、どうすれば入手できますか?
後見ソフトの体験版はこちらから入手できます。

Q.体験版と正規版の違いは何ですか?
体験版と正規版の機能に違いはありませんが、体験版は、弊社サポートの対象外となります。ソフトからのオンラインヘルプや会員専用ページへのアクセスは利用できません。

また体験版の使用期間はインストールから90日です。それ以降も使用をご継続いただく場合は、ライセンスキーをご購入ください。
ライセンスキー購入に関して、こちらをご覧ください。

Q.ライセンスキーはどうやって買うのですか?
ライセンスキー購入に関して、こちらをご覧ください。

Q.ライセンスキーの価格はいくらですか?
初めてお申し込みになる方は、1万6000円(税・送料・代引手数料込)です。2回目以降、お申し込みの方は、1万5000円(税込)です。
詳細はこちらのページをご覧ください。

Q.ライセンスキーに有効期限はありますか?
ライセンスキーの有効期間は、キーのインストールから1年間です。それ以降、継続してご使用いただく場合は、新たにライセンスキーをご購入ください。

Q.5人の方の後見人になっています。5人の財産管理を行う場合、ライセンスキーはいくつ必要ですか?
管理対象となる方の数にかかわらず、利用者が同じである限り、1つのライセンスキーでご利用いただくことができます。

Q.2人で後見を行っています。2人で後見ソフトを使用するには、ライセンスキーをどのように買えばいいですか?
ライセンスキーは利用者お1人ごとに1つづつ発行されます。複数人でご利用いただく場合は、ご利用ごとにご購入ください。

Q.1人でデスクトップパソコンとノートパソコンの2つで後見ソフトを使用する場合は、ライセンスキーはいくつ必要ですか?
利用者が同じである限り、1つのライセンスキーでご利用いただくことができます。


Q.1台のパソコンに複数のライセンスキーを登録することはできますか?
1台のパソコンに、インストールできるライセンスキーは1つだけです。たとえば、1台のパソコンに後見人Aさんと後見人Bさんのライセンスキーを登録する、といったことはできません。


Q.ネットワークで後見ソフトのデータを共有して使うことはできますか?
もちろん使用できます。ネットワーク上のどのパソコンからでも出納帳をつけたり業務日誌を記録したりすることができます。
たとえば、下図のような合同事務所内のLANで、ご利用いただくこともできます。







Page Top



この改行は必要→